bakalog

備忘録的なもの

Express.jsでHelloWorldしてみたが、Middlewareについてはよくわからなかった。

前に続いて写経しながら実行した内容をメモ。

express.jsをグローバルインストールする

以下のコマンドでグローバルインストールする事により、
該当ディレクトリで express と記述するだけでプロジェクトを準備されるようになる。

sudo npm i -g express-generator
cd [expressプロジェクトを展開したいディレクトリ]

パッケージをインストールして実行する

cd ./ && npm install

ディレクトリ構成

  • app.js
    アプリ全体の設定と初期化コード

  • bin
    コマンドツール ( www の設定など?)

  • node_modules
    npmでインストールしたPackageはここに保管される。

  • public
    公開フォルダ ( フロント系のファイルはここに内蔵されている )

  • routes
    ルータ ( 接続経路を制御する MVCにおける Controller )

  • views
    テンプレートファイル

app.jsの中身

// 各パッケージのインポート
var express = require('express');
var path = require('path');
var favicon = require('serve-favicon');
var logger = require('morgan');
var cookieParser = require('cookie-parser');
var bodyParser = require('body-parser');

// npmのパッケージ以外のモジュールは相対パースでrequireする
var routes = require('./routes/index');
var users  = require('./routes/users');

// expressインスタンス
var app = express();

// テンプレートエンジンのセットアップ
app.set('views', path.join(__dirname, 'views'));
app.set('view engine', 'jade');

// 各middleware
// middlewareはexpress.jsの中では非常に重要なパターンらしい
// uncomment after placing your favicon in /public
//app.use(favicon(__dirname + '/public/favicon.ico'));
app.use(logger('dev'));
app.use(bodyParser.json());
app.use(bodyParser.urlencoded({ extended: false }));
app.use(cookieParser());
app.use(express.static(path.join(__dirname, 'public')));

// routerもmiddleware
// app.useでmiddlewareを追加する事もできる。
app.use('/', routes);
app.use('/users', users);

// catch 404 and forward to error handler
app.use(function(req, res, next) {
    var err = new Error('Not Found');
    err.status = 404;
    next(err);
});

// error handlers

// development error handler
// will print stacktrace
if (app.get('env') === 'development') {
    app.use(function(err, req, res, next) {
        res.status(err.status || 500);
        res.render('error', {
            message: err.message,
            error: err
        });
    });
}

// production error handler
// no stacktraces leaked to user
app.use(function(err, req, res, next) {
    res.status(err.status || 500);
    res.render('error', {
        message: err.message,
        error: {}
    });
});

// appを出力する
module.exports = app;

middlewareとは

参考:ExpressのMiddlewareを自作してみる

  • request, response, next を受け取るfunction
  • どんなコードでもいい
  • requestとresponseを変更してよい
  • リクエストを終了してもいい
  • nextを呼びリクエストを続行してもいい
  • リクエストを終了しない場合はnextを必ず呼ぶこと
  • オプションでmiddlewareの対象となるパスを指定できる
  • アプリケーションレベル、ルーターレベル、エラーハンドリング、ビルドイン、サードパティの5種類がある

middlewareについては、この補足を見てもイマイチ理解できてない。

hello worldする

参考:express.jsでHello World

routes内のindex.jsを開いて、 module.exports = router;の直前に以下コードを追加。

// http://localhost:3000/hello というリクエストを受取
router.get('/hello', function(req, res) {
  // req => request
  // res => response
  res.render('hello', { title: 'Hello Express', content: 'Hello World!' });
});

viewsにhello.jadeファイルを作成して、以下の記述を書込む。

extends layout

block content
  p= content

Control + C でexpressを起動停止・再度起動して、
http://localhost:3000/hello にアクセスすると上記内容が確認できる。